歴史。その真実から何かを学び、成長していく。

伝説 先史 縄文 弥生 出雲 銅鐸 日槍 古墳 飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 戦国 近世 近代 現代 地方鉄道写真SITEMAP
現代薄桜(うすざくら)#fdeff2 最初のページ戻る次へ

但馬杜氏(たじまとうじ)

但馬杜氏

 酒のメッカ、灘五郷をかかえる兵庫県は、全国的に有名な最高級酒米「山田錦」をはじめとする酒米どころです。また丹波杜氏、但馬杜氏という酒の二大技能集団があります。

丹波杜氏は灘に近いので灘では丹波杜氏がほとんどです。

 南部杜氏、新潟の越後杜氏、丹波杜氏と並んで「日本四大杜氏」(人数的には丹波杜氏の代わりに能登杜氏で四大杜氏とも呼ばれる)といわれる但馬杜氏は、南部、越後両杜氏組合に次いで全国で3番目の規模を誇ります。主に伏見などの近畿一円、中国、四国、東海地方で活躍しています。但馬人気質であるねばり強さ、山廃、吟醸等あらゆる製法を器用にこなし、毎年新酒鑑評会において優秀な成績を上げています。但馬杜氏は但馬牛と夢千代日記で知られ、日本一の湯村温泉がある雪深い美方郡が中心で、その半数は温泉町が占めています。

 県内の杜氏組合は、丹波、但馬、南但の3団体。丹波ではメーカーに籍を置く「社員杜氏」が増え、40人中12人を占める。一方、但馬は93人全員が季節限定。2004年、城崎郡の組合は但馬杜氏組合の傘下に入り、出石郡の組合は解散した。(神戸新聞)

残りは旧温泉町(新温泉町)、村岡町、美方町(共に香美町)、浜坂町(新温泉町)の順になると思います。(温泉町以外は正確なデータがないので、検索してわかる範囲を下記の杜氏一覧表にしてみました)

 春から秋までは農家に従事して、毎年米の刈り入れが終わる10月に蔵入りし、翌年の3月まで約6〜7ヶ月の間蔵元で寝泊まりして行われます。毎年但馬杜氏組合などで相互に研鑽を高め合いながら、良い酒を造ろうとする心意気が日本酒の伝統文化を支えています。しかしながら全国的に高齢化が進み、30年前には300名以上いた杜氏(親父、おやっさんと呼ばれる)の数も200名を切るまでに減ってしまいました。

ブロック県別杜氏組合杜氏数三役数 一般会員数



青森津軽酒造杜氏組合6622
岩手社団法人南部杜氏組合387
秋田山内杜氏組合48105254
新潟新潟県酒造従業員組合連合会324407728
石川 能登杜氏組合8366223[48]
福井越前糠酒造杜氏組合1428100
大野酒造杜氏組合41060
京都丹後杜氏組合51525
兵庫但馬杜氏組合198250(5)384(65)
城崎郡杜氏組合142437
南但杜氏組合71738
島根出雲杜氏組合508054
石見杜氏組合5515
山口山口杜氏組合444
大津杜氏組合231655


兵庫丹波杜氏組合75106372
長野長野県杜氏組合596373
福島会津杜氏組合7047



岩手社団法人南部杜氏組合387504670
広島広島杜氏組合6056142
岡山 岡山県杜氏組合連合会311462

愛媛 越智郡杜氏組合101228
西宇和郡杜氏協同組合261828
高知高知県杜氏組合51548

九州九州酒造杜氏組合7076270
兵庫県計287380(5)793(65)
小計1,5151,8973,739
合計7,151
実態調査全従業員平均年齢55.5歳(H7)
集計結果杜氏の平均年齢61.8歳(H7)

H8年度 月桂冠(株)(  )は、徴収した他の組合員数の内書
[  ]は、他の組合へ支払をした組合委員数の外書

杜氏とは、蔵人のことを指すように思われていますが、蔵人の最高責任者ただ一人をいいます。三役とは、

・頭=カシラ 杜氏の補佐として、実際の作業の指揮をとり、人員の配置を担当する。
・代司=ダイシ(大司・麹屋) 麹造りの責任者。
・もと廻り=モトマワリ(もと屋) もとを造る責任者。

です。あるいは「杜氏」「頭」「代司」の三人を呼ぶこともあります。

そして米を洗ってから蒸すまでの作業を担当する釜屋(カマヤ)
出来上がった醪を搾る係を「船頭(せんどう)」
そして酒造り全般の作業に従事する「上人(じょうびと)」「中人(ちゅうびと)」「下人(したびと)」
さらに、炊事や使い走りにあたる者を「広敷番」とか「飯屋(ままや)」とか「賄い」と言いましたが、現在では「三役」のほかは、こうした呼び名を殆ど使わなくなりました。 蔵の規模によって5人程度から約20人の蔵人を組織して蔵入りします。

 冬は深い雪で閉ざされる但馬とよく似た南部、津軽、庄内、越後、能登、越前、丹後、出雲、石見杜氏などの日本海側や、信州や丹波、備中、安芸など山間部の農漁山村からの酒造り集団は、江戸時代中期頃から始まったとされており、実に300年もの間、毎年繰り返されてきた伝統技術なのです。

現代薄桜(うすざくら)#fdeff2 最初のページ戻る次へ
Copyright(C)2002.4.29-2009 ketajin21 All Rights Reserved. E-mail
inserted by FC2 system