歴史。その真実から何かを学び、成長していく。

伝説 先史 縄文 弥生 出雲 銅鐸 日槍 古墳 飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 戦国 近世 近代 現代 地方鉄道写真SITEMAP

平安京紫(きょうむらさき)#9d5b8b最初のページ戻る次へ

平安時代の文化

目 次

  1. 延喜格式
  2. 延喜式神名帳
  3. 式内社の社格
  4. 仏教の浸透
  5. 社会・経済史
  6. 平仮名の出現

1.延喜格式

 三代格式(さんだいきゃくしき)とは、平安時代に編纂された弘仁格式、貞観格式、延喜格式の三つの格式(きゃくしき、律令の補助法令)をいいます。そのうちほぼ完全な形で残っているのは延喜格式だけであり、かつ細かな事柄まで規定されていることから、古代史の研究では重要な文献となっています。

 巻次構成は、全50巻、約3300条からなっています。

弘仁格式は嵯峨天皇が藤原冬嗣に、貞観格式は清和天皇が藤原氏宗に、延喜格式は醍醐天皇が藤原時平に、それぞれ命じて編纂させたものです。

 延喜格(えんぎきゃく)は、平安時代の延喜7年(907年)11月に完成し、翌年12月の宣旨によって施行された格です。当初は10巻でしたが、間もなく臨時格2巻が追加されて全12巻となりました。

 905年(延喜5年)、醍醐天皇の命により藤原時平らが編纂を始め、時平の死後は藤原忠平が編纂に当たり、927年(延長5年)に一応完成しました。その後も改訂が加えられ、40年後の967年(康保4年)より施行されました。

 律令官制に従い、

  • 巻1〜10の神祇官関係の式、
  • 巻11〜40の太政官八省関係の式、
  • 巻41〜49のその他の官司関係の式、
  • 巻50の雑式の順となっています。

    神祇官関係の式

     巻8には祝詞が掲載されています。巻9・10は神名帳(神社の一覧表)となっていて、祈年祭奉幣を受けるべき2861社の神社が記載されています。延喜式神名帳に記載のある神社を一般に式内社と言って社格の一つとされ、当時朝廷から重要視された神社であることを示しています。現在では消滅したり不明となっている神社も多いでうが、これをもとに明治までは神社の格式を維持していました。

    とくに、太政官八省関係の式の、巻22の民部省上の中に、「凡諸国部内郡里等名 並用二字 必取嘉名」とあり、全国の地名が現在まで継承されている簡素な概ね二文字に変更された点です。


    [補注]

    格式(きゃくしき)とは、律令の補完の為に出された法令あるいはそれらを纏めた法令集の事を指す。格(きゃく)は律令の修正・補足のための法令(副法)を指し、式(しき/のり)は律令の施行細則を指した。

  • 2.延喜式神名帳

     延喜式(えんぎしき)とは、平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)で、三代格式の一つです。

     延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)とは、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」とされていた全国の神社一覧です。律令官制に従い、 巻1〜10の神祇官関係の式、巻11〜40の太政官八省関係の式、巻41〜49のその他の官司関係の式、巻50の雑式の順となっています。

     延喜式神名帳に記載された神社を、「延喜式の内に記載された神社」の意味で延喜式内社、または単に式内社(しきないしゃ)、式社(しきしゃ)といい、一種の社格となっていました。延喜式の時代に明らかに存在していても延喜式神名帳に記載されていない神社を式外社(しきげしゃ)といいます。

     式内社は祈年祭奉幣を受けるべき神社であり、2861社が記載されていて、これらは当時朝廷から重視された神社であることを示しています。式内社には、古来より霊験が著しいとされる名神を祀る神社が全て含まれており、それらを名神大社(名神大)といいます。祀られている祭神ごとに座(坐)といいます。神の数え方は「〜柱(はしら)」といいます。

    3.式内社の社格

     延喜式で登録される神社を式内社といいます。式内社はさらに各種の種別があります。まず官幣社と国幣社の別です。それまで通り毎年2月の祈年祭に神祇官から幣帛を受ける官幣社と、各地の国の国司から幣帛を受ける国幣社とに分けられました。官社は、各神社の祝部が神祇官に集まって幣帛を受け取っていました。官幣社が573社737座、国幣社が2288社2395座です。国幣社が設けられたのは、遠隔地の神社では祝部の上京が困難であるためとされていますが、遠隔地でも重要な神社は官幣社とされています。

     次が大社と小社の別です。この別はその神社の重要度や社勢によって定められたと考えられています。官幣社・国幣社および大社・小社は全ての式内社について定められているので、式内社は以下の4つのいずれかに分類されることになります。

  • 官幣大社 -- 198社304座
  • 国幣大社 -- 155社188座
  • 官幣小社 -- 375社433座
  • 国幣小社 -- 2133社2207座

     官幣大社は畿内に集中しているが、その他の地方にも分布しています。官幣小社は全て畿内に、国幣大社・国幣小社は全て畿外にある。なお、近代社格制度にも同じ名称の社格があるが、式内社の社格とはその示す意味が異なる。また、近代社格制度の社格は延喜式における社格とは関係なく、制定時の重要度や社勢に応じて定められています。

     式内社の中には、祈年祭以外の祭にも幣帛に預かる神社があり、社格とともに記されています。

  • 名神 -- 特に霊験著しい「名神」を祀る、臨時祭の名神祭が行われる神社。全てが大社であることから名神大社(名神大)という
  • 月次 -- 月次祭(つきなみのまつり、-さい)6月と12月の年2回、幣帛を受ける神社
  • 相嘗 -- 相嘗祭(あいなめのまつり、-さい)新嘗祭に先立ち新穀を供える祭)が行われる神社
  • 新嘗 -- 新嘗祭(にいなめのまつり、-さい)毎年11月に行われる一年の収穫を祝う祭)に幣帛を受ける神社

     山陰道但馬国  式内社131座で、名神大は以下の通り。

    朝来郡粟鹿神社名神大
    養父郡養父神社(夜夫坐神社)(五座)名神大二座。小三座
    水谷神社名神大
    出石郡出石神社(伊豆志坐神社)名神大八座
    御出石神社名神大
    気多郡山神社名神大
    戸神社名神大
    雷神社名神大
    ?(木偏に蜀)椒神社名神大
    城崎郡海神社名神大

  • 論社

     かつて式内社とされていた神社の後裔が現在のどの神社であるのかを比定する研究は古くから行われています。神社の社名や祭神、鎮座地が変更されていたり、他の神社に合祀されていたり、また、一度荒廃した後に復興されたりした場合、式内社の後裔と目される神社が複数になることがあり、その場合それぞれの神社を論社という。論社には、他者の研究によって後裔社だとされることもあるが、その神社自らが式内社であると主張する場合も多く見られる。

    近代社格制度

     明治維新以降、律令制下の延喜式による制度にならって新たに作られた社格の制度。神社の格を大きく官社と諸社に分けました。なお神宮は、特別とされるので社格はなく、全ての神社の上に位置するとされる名称です。
     第二次世界大戦後、政教分離によって近代社格制度は廃止され、別表神社として神社本庁が定めて、包括している一部の神社があります(2006年現在で353社)。今日でも「旧社格」などの名称で神社の格を表すのに用いられています。

    4.仏教の浸透

     平安初期の中央文化は、唐の影響を強く受けていました。桓武天皇は中国皇帝にならい郊天祭祀を行うなど、中国への志向が強かったと考えられています。桓武期には、奈良仏教が鎮護国家を目標として祈祷を主とする国家仏教であり、学問的な性格をもつものであったのに対し、平安仏教は、人々の心性への仏教の浸透という意味から、その後の日本仏教の源流であり、今日まで多大な影響を持っています。

     そもそも平城京からの遷都は、光仁天皇が仏教の政治との深い関係を嫌い、仏教偏重をあらため、その後を桓武天皇が継いだことによります。奈良の諸宗派は旧地にとどめおかれ、あらたな都を守る宗教的精神的背景の空白の意味は大きかったでしょう。

     平安仏教は、従来の日本に見られない中国仏教が最澄(766〜822)による天台宗と、空海(774〜835)を開祖とする真言宗の二宗によります。最澄と空海は、期せずして同じ遣唐使の一員として中国に渡りました。天台宗ですが、最澄は当時隆盛だった中国天台宗において最新の数学をおさめそれを伝えましたが、あらたな教義による国家的戒壇の創設を求める運動をはじめます。

     最澄は、もと近江国分寺の官僧で、中国からの帰化人系の子として生まれました。19歳の時、東大寺の戒壇で具足戒を受けたあと、突然比叡山にこもり、12年間の思索と修行を過ごしました。修行のあと、遣唐使に加わって804年、唐に渡ります。一年という短期間の間に、円経(法華経)、密教、菩薩戒(大乗戒)、禅の教えを受け、おおくの法具や書籍を蒐集し、その後の四宗兼学の天台法華宗の方向性を決定づけました。わずかな期間での帰国は、当初からの予定とはいえ、我が国に大乗戒壇を設立しようという最澄の熱意によるものでした。

     我が国に正式の戒壇が作られたのは、奈良時代の754年、鑑真の渡来によって東大寺において聖武天皇・光明皇后に菩薩戒を授け、僧に250戒からなる具足戒を授けたのがはじまりで、その後三戒壇(東大寺、下野薬師寺、筑紫観世音寺)が設置されました。奈良仏教では小乗の戒律とともに、僧となるための具足戒を授け、さらに大乗戒も授けていました。最澄の主張は、僧が僧たるには大乗の菩薩戒でなければならないとし、大乗戒のみでたりるとしました。桓武天皇の知己を得た最澄は、大乗戒壇の独立をめざしました。

     弘法大師として親しまれる空海は、讃岐国多度郡に、地方貴族佐伯氏の子として生まれました。讃岐さえ岸は、学者・宗教家を多数輩出した家系でした。自伝や伝記によれば、15歳の時儒教を学び、18歳で大学に入ります。31歳で唐渡までの足跡はあきらかではありませんが、大学に遊学中は学を怠り、都会の軽薄な文化に染まり、不定な生活をしていたようです。あるとき一沙門から、百万遍となえれば、この世にある一切の経文を暗記できるという「虚空蔵求聞持法」をしめされます。それを期に仏教にすすみ、四国の各地を修行したといわれ、僧としての授戒はそのあとのことのようです。24歳の時に華麗な漢文体で書かれた「三教指帰」で己の修業時代をふりかえっています。

     804年、最澄もののなかにいた遣唐使に加わり唐渡した空海は、長安で金剛界胎蔵界の両部密教を伝授されると806年に帰国するや、嵯峨天皇の知遇を得て、次第に真言密教に浸透します。最澄とは、結果的には決別しますが八年ほどの交流があったようです。空海は、宗教家としてのみならず、三筆のひとりとされる名筆家であり、満濃池の開拓、最初の民衆の教育機関である綜芸種智院の開設等、活躍の場が広いです。それは従来の仏教では排除される人間の感性的・動物的な心性からどのように上位の悟りに達するかであり、深い人間性の洞察を含むものでした。

     日本仏教は、平安仏教によって、宗教論理としての大系を持ち、はじめて民衆への浸透の手がかりを得たといえます。その開祖たちの独自の思索が、衆生救済としての大乗仏教の新たな足掛かりとなり、日本の仏教といえる独自の特徴をもつことになりました。

     こうした仏教の影響を日本古来の信仰も受けて、本地垂迹説があらわれて神仏習合が進んでいきました。嵯峨天皇から清和天皇にかけての時期は、凌雲集などの漢文詩集が編纂されたり、唐風の書がはやるなど、唐風文化が花開きました。この唐風が非常に強い文化を弘仁・貞観文化といいます。

     平安中期は、仏教の末法思想が人々に広く浸透し、浄土思想・浄土教が盛んとなりました。民衆に仏教信仰が拡がったのもこの時期であり、空也や融通念仏の良忍などの僧が民衆の中で活躍しました。

    5.社会・経済史

     8世紀に本格的に始まった律令制の根幹は、戸籍・計帳によって人民を把握し、課税の対象とする人別支配でした。しかし、奈良時代後期(8世紀後期)ごろから、課税から逃れたい人民らの偽籍・逃亡・浮浪が次第に顕著となっていきました。

     平安時代に入ってからその状況は一層進展しました。平安時代初期の右大臣藤原園人は、貧民救済を主要政策として精力的に取り組んだが、貧民層の増大が課題となっていたことを物語っている。平安前期には、人民内部で少数の富豪層と大多数の貧困層(一般百姓層)へと階層の二極分化が進んだ。富豪層は院宮王臣家(皇族、有力貴族)と墾田開発などを通じて関係を結び、一般百姓層を自らの影響下へ置き始めていた。貧困層は、富豪層の影響下に入ることで、偽籍・逃亡・浮浪をより容易なものとし、人別支配に基づく課税制度は破綻を迎えるようになりました。

     平安中期のはじめごろ、朝廷は人別支配を放擲し、土地課税を基調とした支配へと移行し、それに伴って、地方に土着した貴族や郡司らに出自する富豪層は、国衙から名田経営と租税収取を請け負う田堵負名へ成長し、より一層経済力をつけていきました。富豪層と一般百姓層の格差はますます増大し、一般百姓は次第に富豪の支配下に組み込まれていきました。

     地方行政区画の最末端組織として、大化改新により施行された「里」が「郷」と改称されましました。五十戸一郷を原則として、新たに一郷に三里前後の里が置かれましました。しかし、この郷里制が施行されたのはほんの短期間で、まず里が廃止され、律令制が緩慢となり、行政体としての郷も消えてしまい、やがて荘園が発生していきます。政府は中央集権的な政治機構を目指し、古代的権威と強大な経済力を有する郡司を骨抜きにしようと、郡司による一郡支配は段々行われなくなります。機能自体が空白化した結果でもあるが、やがて国衙領の中に自然発生的に再び「郷」が出現します。これまでの郷とは全く違ったもので、地縁的、地域的な共通性が中核となって成立したものです。また一方で、国司になっても、民生には力を注がないで、採れるだけの税金をまきあげて、私腹を肥やすことばかりに専念する行政官が出てきます。

     ところが、徴税事務を行う郡司が弱体化し、国司にとっては取り立てなどの行為がうまくゆかない。そこで目を付けたのが新しく出来かかっていた地域集団である郷でしました。郷司が置かれ、郡を経由せず直接的に国衙の支配下に入るようになりましました。気多郡では、太多、三方、楽前(ササクマ)の郷名は消えて、それらは荘園名に転化したり、新たに、気多上郷、気多下郷、八代郷が加わる。国衙が地元にあるため、行政権がまだまだ強い名残りを示しています。気多郡の郷司に任命される人は、有力農民ではなく、但馬国府の役人であった公算が強いのです。

    6.平仮名の出現

       文化の国風化(日本化)の萌芽は、奈良時代から見られていましたが、平安初期は唐風文化の影に隠れるかのようになっていました。しかし、唐風化の波が沈静化すると、ふたたび日本的な要素が文化の前面へと現れてきました。これが、平安中期ごろの国風文化です。

     この時代までの作品はみなその表記は漢文体でした。そうした思想や文学の表現を大きく変えたのが、平仮名・片仮名の発明でした。仮名とは漢字の一部を省略するか、草書化した場合の字体から作られた文字です。漢字を真名というのに対して、仮名といいます。漢字の意味をとらず音のみを借りて日本語を表記するものを、とくに万葉仮名といいます。平安時代に入り、誤読のために経典や漢文に訓点を書き込むようになり、万葉仮名が用いれるようになりました。

     平仮名は、万葉末期から万葉仮名をくずした草書体として簡略化し、漢文の訓に用いられるようになりました。漢字・漢文が貴族、とりわけ男性貴族の教養の中心であったなかで、女性が自らの文章表現に使用するようになったのがはじまりのようです。宮中で流通していた女手(おんなで)といわれた平仮名が、次第に和歌をひらがなで書く習慣となり、『古今和歌集』が仮名で編集されたことが、公的に認知された最初となります。この『古今和歌集』の編者の一人、紀貫之が、女性を装い女手で書いた『土佐日記』は、平仮名で書かれた、完成された散文としてほぼ最初の文学となります。

     平安末期になると歴史物語・軍記物語などの時代を顧みる文学が芽生えました。天台仏教・山岳仏教が日本各地へ広がり、なかでも豊後国東半島(豊貴寺大堂など)や北陸地方(平泉寺など)などで動きが顕著であり、その他の地域でも三仏寺投入堂などがあります。当時、民衆の間に今様という歌謡が流行し、後白河上皇により今様を集成した『梁塵秘抄』が編まれました。覚猷(鳥羽僧正)筆と伝えられ、人々の様子をユーモラスかつ活き活きとした姿で描いた鳥獣人物戯画もこの時代の作品です。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他
    ▲ページTOPへ

    平安京紫(きょうむらさき)#9d5b8b最初のページ戻る次へ
    Copyright(C)2002.4.29-2009 ketajin21 All Rights Reserved. E-mail
    inserted by FC2 system