北近畿鉄道物語


伝説 先史 縄文 弥生 出雲 銅鐸 日槍 古墳 飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 戦国 近世 近代 現代 地方鉄道写真SITEMAP

鉄道露草色(つゆくさいろ)#38a1db 最初のページ戻る次へ

JR福知山線・舞鶴線

JR福知山線

 福知山線の発祥は、1891年(明治24年)に川辺馬車鉄道が開業させた尼崎(のちの尼崎港)〜伊丹間の馬車鉄道である。のちに摂津鉄道と改称して馬車鉄道を蒸気動力の軽便鉄道に改築し尼ヶ崎〜池田(現在の川西池田)間を開業させた。当時の池田駅は呉服橋西詰付近にありましました。

 摂津鉄道は、大阪から舞鶴までの鉄道を計画していた阪鶴鉄道に合併され、改軌(レール幅を広げる)した上で宝塚駅まで開業。以後順次延伸されて、1899年(明治32年)には福知山南口駅(堀内田町付近)まで開通しました。

 1904年(明治37年)、軍部からの要請で対ロシア戦略の軍用鉄道として舞鶴鎮守府までの開通を急がされた福知山〜綾部〜新舞鶴(現在の東舞鶴)間が官設で開通。阪鶴鉄道も現在の福知山駅(天田)まで延伸し、福知山〜新舞鶴間の貸与を受けて、大阪〜舞鶴間を結ぶ鉄道が完成しました。

 1907年に国有化され、官設区間とあわせて阪鶴線と呼ばれていましたが、山陰本線の京都〜出雲今市(現在の出雲市)間が1912年に開通したのを機に、神崎(かんざき:現在の尼崎)〜福知山間、塚口〜尼崎間が福知山線となりました。

 1986年(昭和61年)11月1日、全線電化完了と伴いL特急「北近畿」運転開始。東海道本線の大阪〜尼崎間を含む大阪 〜篠山口間にJR宝塚線(ジェイアールたからづかせん)の愛称がある。阪急電鉄にも宝塚線があるため、混同を避けるために愛称に「JR」と付けています。また尼崎〜谷川間が大阪近郊区間に含まれ、JR宝塚線の区間はアーバンネットワークの路線の一つとなって、大阪と北近畿を結ぶ路線であると同時に、兵庫県東部の各都市から大阪への通勤・通学路線となっています。

   武庫川、由良川など川沿いを進むため、生瀬 - 道場付近では武庫川の渓流の眺めを楽しめたりするなど、のどかなローカル路線の体であったが、宝塚〜新三田間の複線電化を機に路線短縮化と客車普通列車らは姿を消し、沿線住宅開発の進展とJR東西線の開業などにより新型電車が行き交う通勤路線(アーバンネットワーク)となっています。太平洋と日本海を分ける本州で最も低い分水嶺の氷上(石上駅)を通るため、高低差やトンネルは少ないが、106.5kmながら直線区間がなくカーブが多い。

 北近畿ビッグXネットワークの一角として以下の優等列車が運行されています。2004年10月16日に急行「だいせん」が廃止されてからは、夜行列車の運転は無くなり、昼行列車のみの運転となっています。

  • エル特急「北近畿」(新大阪 - 福知山・豊岡・城崎温泉:10.5往復)
  • 特急「文殊」(新大阪 - 北近畿タンゴ鉄道 - 天橋立:1往復)
  • 特急「タンゴエクスプローラー」(新大阪 - 北近畿タンゴ鉄道 - 宮津・豊岡:2往復)
  •  
    路線データ
    管轄(事業種別)西日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)
    路線距離(営業キロ)106.5km
    軌間1067mm
    駅数30駅(起終点駅含む。JR宝塚線としては23駅)
    複線区間尼崎 - 篠山口間
    電化区間全線電化(直流1500V)
    閉塞方式自動閉塞式
    保安装置尼崎 - 新三田間ATS-P(拠点P)/ATS-SW併設、新三田 - 福知山間ATS-SW
    最高速度120km/h
    運転指令所 o 尼崎 - 新三田:新大阪総合指令所
    o 新三田 - 福知山:福知山運輸指令所
    ※尼崎 - 新三田間はJR西日本大阪支社の直轄、新三田 - 福知山間は両端の駅を除き同・福知山支社篠山口鉄道部の管轄である。 東海道本線の大阪 - 尼崎間を含む大阪 - 篠山口間にJR宝塚線(ジェイアールたからづかせん)の愛称を持っています。また尼崎 - 谷川間は大阪近郊区間に含まれ、JR宝塚線の区間はアーバンネットワークの路線の一つとなっています。路線の起点は尼崎であるが、全ての列車が東海道本線経由で大阪駅、またはJR東西線と直通しています。

    北近畿

     北近畿(きたきんき)とは、西日本旅客鉄道が新大阪駅〜福知山駅・豊岡駅・城崎温泉駅間を福知山線(JR宝塚線)・山陰本線経由で運行するエル特急の名称である。北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の1つである。
    イメージカラーは黄色。走行路線の一つであるJR宝塚線のラインカラーにちなんでいる。

    停車駅 新大阪駅 - 大阪駅 - 尼崎駅 - 宝塚駅 - 三田駅 - (新三田駅 - 相野駅) - 篠山口駅 - (谷川駅) - 柏原駅 - (石生駅 - 黒井駅 - 市島駅) - 福知山駅 - 和田山駅 - 八鹿駅 - 江原駅 - 豊岡駅 - 城崎温泉駅 括弧内の駅は一部列車が停車。

    JR舞鶴線

     舞鶴線(まいづるせん)は、京都府綾部市の綾部駅から京都府舞鶴市の東舞鶴駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)。

     日本海軍の舞鶴鎮守府が置かれ、軍港として発展した舞鶴への鉄道として建設された。かつて出征者や引揚者の輸送で賑わった路線も現在は舞鶴市などへのビジネス利用や丹後・若狭地方への観光路線となっています。

    路線データ
    管轄(事業種別)西日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)
    路線距離(営業キロ)26.4km
    軌間1067mm
    駅数6駅(起終点駅含む)
    複線区間なし(全線単線)
    電化区間全線(直流1500V)
    閉塞方式単線自動閉塞式

      全区間JR西日本福知山支社の直轄である(1991年4月から2006年6月までは、同支社舞鶴鉄道部の管轄であった)。

    京都 - 東舞鶴間に特急「まいづる」と「タンゴディスカバリー」が合わせて上り7本、下り8本運転されています。なお、土曜・休日・夏季には「まいづる」のうち1往復が小浜線の小浜駅まで乗り入れ、観光需要に応えています。 他の北近畿方面特急と異なり、大阪方面の列車は設定されていない(過去には「エーデル北近畿」として東舞鶴駅まで乗り入れていた時期もあった)。ちなみに東舞鶴 - 大阪間の距離は福知山経由 (152.9km) よりも京都経由 (145.4km) のほうが若干短い。

     元は阪鶴鉄道・京都鉄道が計画していた路線だが、日露戦争を控え着工を急ぐ必要性から1904年に官設で福知山 - 綾部 - 新舞鶴(現在の東舞鶴)間と支線が開通、阪鶴鉄道に貸与されて開業しました。支線として舞鶴港線(西舞鶴 - 舞鶴港間)や、出征者や戦場からの引揚者を運んだ中舞鶴線(東舞鶴 - 中舞鶴間)などを有していましたが、1985年までにすべて廃止されています。

    摂津鉄道

     川辺馬車鉄道会社が1891年(明治24年)に開業した尼崎〜伊丹間の馬車鉄道を、軽便鉄道化したもの。当時の法律の制限があるため、川辺馬車鉄道の解散、新会社の設立の手順を踏んでいます。1893年(明治26年)12月に開業。伊丹〜池田(川西池田)間に新線路を追加し、尼崎〜池田を1日13便(尼崎始発:6:05 最終発:23:02)で運行しました。ただし、川辺馬車鉄道では許されていた平面交差が認められず、汽車が官線をまたぐことは許可されなかったため、長洲駅を官線(東海道本線)の北側と南側の2か所に分けて、乗客には歩いて乗り替えを行うこととなりました。興味深いことに貨物のみの通過は認められていた。馬車鉄道で尼崎〜伊丹間が1時間を超えていたものが、わずか18分で交通できるようになりました。
     1897年(明治30年)2月に阪鶴鉄道会社に合併されることとなる。

    摂丹鉄道

     1889年(明治22年)に設立された。兵庫県尼崎市(神崎)から京都府舞鶴市への鉄道建設をめざしたが免許は却下された。川西馬車鉄道(後の摂津鉄道)を設立した小西壮二郎(白雪/小西酒造)ら30名が発起人となり、1889年(明治22年)4月29日に設立された。川西馬車鉄道の計画を延伸する形で、当時、京都府第二の都市で、軍港として発展が見込める舞鶴へ至る鉄道敷設を目的としました。摂丹鉄道のほかにも、京鶴鉄道(京都〜舞鶴)、舞鶴鉄道(大阪〜綾部〜舞鶴)、南北鉄道(加古川〜舞鶴)、播丹鉄道(姫路〜生野〜舞鶴)の4つの民営鉄道が舞鶴への鉄道敷設に名乗りをあげており、積極的な免許許可運動が展開された。

     しかし、いずれの計画も採算困難であると予想され、また複数路線の並立で共倒れになると考えられたためいずれの路線も却下された。なお、摂丹鉄道が却下されると、小西らは再び川西馬車鉄道を推進しており、摂丹鉄道の基本構想は後の阪鶴鉄道に引き継がれています。


    阪鶴鉄道

     阪鶴鉄道(はんかくてつどう)は、大阪から福知山を経て舞鶴を結ぶ鉄道を運行していた鉄道会社。
     尼崎(のちの尼崎港)〜池田(現在の川西池田駅)間で営業していた摂津鉄道に出資していた小西新右衛門らが大阪と、軍港を擁し日本海側の主要都市の1つであった舞鶴を結ぶ鉄道を計画。1895年(明治28年)に設立。

     1897年(明治30年)に摂津鉄道を合併し、池田〜宝塚間が開業。1899年(明治32年)には三田、篠山(現在の篠山口駅)、柏原と順次延伸され福知山南口(のちに廃止)まで開通。
     しかし京都鉄道に京都〜綾部〜舞鶴間の認可が下ったため、福知山〜舞鶴間の鉄道敷設は出来なかった。
     1904年(明治37年)には、現在の福知山駅まで開通。その際に官製の線路であった福知山〜舞鶴間を借りて大阪〜舞鶴間の運行が可能となりました。舞鶴からは丹波・若狭地方との連絡のため宮津、境、小浜などへの連絡船も運営しました。
     また、神崎(現JR尼崎駅)〜大阪間も、官鉄線と並行しているという理由で認可が下りなかっため、塚口から官鉄線の神崎に接続し大阪までのルートを確保しました。なお、将来の輸送量の増加を考え、支線として池田〜大阪間の鉄道敷設免許を受けた。
     1907年(明治40年)8月1日に、鉄道国有法により帝国鉄道庁に尼ヶ崎〜福知山間の営業を譲渡し国有となりJR福知山線の原型となりました。また、池田〜大阪間の鉄道敷設免許は阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道に継承され、阪急宝塚本線の原型となりました。


    鉄道露草色(つゆくさいろ)#38a1db 最初のページ戻る次へ

    Copyright(C)2002.4.29-2009 ketajin21 All Rights Reserved. E-mail
    inserted by FC2 system